鹿児島県で人気の高い家庭用ウォーターサーバー、水の宅配サービスをご紹介!

ウォーターサーバーの事故が怖い

ウォーターサーバーは、手軽に水とお湯を飲むことができるところが魅力になっています。お湯も簡単に出るような構造になっているので、例えば、お茶やコーヒーを飲む場合でも、いちいちお湯を沸かす必要がなくなります。しかしこのウォーターサーバーのお湯ですが、いろいろな事故が生活情報センターや消費者センターの方に報告されているといわれています。

特に、小さなお子さんがいる家庭については、注意が必要です。子供が、ちょっと目を離したすきに、熱湯が出る方のレバーを引いてしまって、手にやけどを負ってしまうという報告が多くあがってきています。特に、生後1〜2歳の子供の間で、このような事故に遭っているケースが多く報告されています。まだ、いろいろな物事がわからない、でもいろいろなところに比較的自由に動き回るので、このような事故が発生しているといいます。

基本は、母親など、近くにいる大人が、常に子どもの動きに注意を払うことです。しかし家事など、ほかにもこなさないといけない仕事があると、どうしても常に監視をすることは難しくなるでしょう。

ウォーターサーバー業者の方でも、このような事故の事例があがっていることは、既に報告されています。そこで、いろいろな対策を講じているようです。例えば、ロック機能を設置するというような対策を行っている業者もあります。ロックをつけることによって、誤って子供が、レバーをいじったとしても、熱湯が出ないようにするといった、対策を講じています。